借金の利息について

このページの考え方が借金の返済方法の根本ですので、理解していただけたら、後はもうちょっとです。
では、借金を返済するために必要な考え方を見ていきましょう。

利息について

非常に信じがたい事なのですが、消費者金融などから借金する時に、利息についてあまり考えずに借りてしまう人が多い様です。

必ず実質年利が記載されているはずですが(違法でなければ)、だいたい20%以上の利息になっているようです。

実際にどれくらいの利息かちょっと調べてみました。

TVその他でCMをよく見掛ける様なところの利息を例として幾つかあげてみます。
25.55%、27.375%、29.20%、28.835% と云う風な感じになっていました。

はっきり言って凄い利息です!  この利息を知っていて平気で借金する人がいるというのは驚きです!

 

それでは、ちょっと銀行にお金を預けた場合を考えて見ましょう。

今週の全金融機関平均金利(04/05/10)を見てみると
普通預金が             0.002%
スーパー定期300万未満 1年 0.032%
スーパー定期300万未満10年 0.156%  という風になっていました。

普通預金と比較すると実に1万数千倍!
スーパー定期300万未満10年と比較しても百数十倍から二百倍近くです!

他のもので考えても、投資信託でも利回りを20〜30%の成績をあげているものがどれほどあるでしょうか? 殆どありません。
長期的に維持できるものは皆無です。

リスクや手間の掛かる不動産投資でも、普通は利回り10%もあればかなり嬉しいレベルです。

 

これだけでも、凄い利息だとわかって貰えると思うのですが、遅延損害金というのはご存知でしょうか?
これは支払期日に遅れた場合などに発生するペナルティです。 これは多分どこでも上限の29.2%になっていると思います。

つまり支払いが出来なくて遅れると、更に29.2%が加算されるので、実質年利が29.20%のところであれば合計58.4%ということになります。

 

勘違いしている人が、非常に多い様ですが、慌てて遅れた返済分と利息分を払ったら後は安心でしょうか?

その様にはならないハズです。 契約書を注意してみると期限の利益の喪失ということについて記載されているはずです。
どういう事かというと、契約に違反したり支払いが遅れたりすると、全額を返済しなければならないという事なのです。
つまり支払いが遅れたので慌てて、遅れた分を払っても手遅れ。

遅れた分にだけ遅延損害金がかかる訳ではなく、全額全て完済するまで全額に対して本来の利息分と遅延損害金の両方が掛かるという事なのです。
つまり先の例だと、利息29.2%だったものが、滞納以後はずっと58.4%になってしまうということです!

勿論、月々の返済の分ですらきちんと返済出来なかった人が、全額一度に返済などという事が出来るはずはありません。

後はどんどん負債が膨らんでゆくのです。


おすすめWEBサイト 5選

カーテンのインテリア
http://www.monreve-japan.jp/

最終更新日:2015/2/5

↑PAGE TOP 
copyright (C) 2008 はい!借金返済! All Rights reserved.