借金を返済するためには

せっかく借金を返済してしまっても、また借りなければならないようにする必要があります。
そうならない為の借金の返済方法をを見ていきましょう。

借金返済が出来ない人はある理由があるのです。

収支を把握する

あなたが、仮に自己破産などで借金を返済したとしても、その後に収入が無ければ結局また借金に手を出そうとするかも知れません。
ですから、あなたの借金の額からすると大した額ではないかもしれませんが、少しでも収入を増やす努力と、支出を減らす努力をしなければなりません。これこそが借金返済の為の、借金返済による、借金返済の第一歩なのです。

 ではここで質問です。

 1 あなたにとって些細な金額は幾ら位までですか?
  1 支払う時に、特に深く考えない金額は幾ら位までですか?

 言い方を変えて、
  2 お金を使うときに、幾ら以上であれば考えて使っていますか?

家計簿などをつけていれば簡単なのですが、ここ1ヶ月ほどで質問の2に該当する金額を使ったのは何回くらいありますか? そしてその合計は幾らですか?

では、1ヶ月の収入のうち手許に残っている金額からその金額を引いてください。

計算するとハッキリしますが、大したことは無いと思って使った金額の方がずっと大きな割合を占めている人の方が多いのです!
[PR]

借金で返済が出来ずに、行き詰まろうとしている人の多くが、自分が何に幾らくらい使ったかを、全く把握していない人が多過ぎます。借金返済できない人は自分のことを知ることからはじめてください。借金の返済はそれからです。

何にどの位使ったのか? いつ頃どんな費用が幾らくらい必要なのか?
そのような事も判らないのに、節約したりあらかじめ備えていたりする事が出来るでしょうか?

たいていのことは1ヶ月も続ければ習慣になるといいます。  せめて1ヶ月だけでもやってみるつもりで家計簿(お小遣い帳)つけてみませんか?


生活費の予算を立てる

決まった収入の中で、キチンとやりくりするコツがあります。

あなたがお勤めの方だとすると、毎月お給料を貰われると思います。

一番最初にするのは、収入のなかから生活するために必要な経費を先に引いてしまうことです。
家賃など金額のはっきりしているものは、その金額を引き、光熱費や食費などはおおよその金額を引きます。

クレジットカードを処分する

クレジットカードというものは非常に便利なものですし、上手く使えばお金を得することも出来ます。
しかし借金でお金に困っている人にとってはかえって負担に過ぎないと思います。

よく言われるのが、カードを全て処分するだけで何割かの出費を抑える事が出来ると言う事です。どの位効果があるかは別にしても出費を抑える事が出来るのは間違いないと思います。

ここまで理解して頂けたら、借金を返済してしまっても、また借金をしてしまうという事も無いのではないかと思います。
次は、いよいよ借金を返済する方法についてです。


Valuable information

Last update:2015/2/5

↑PAGE TOP 
copyright (C) 2008 はい!借金返済! All Rights reserved.