何故、借金が出来たのか?

借金の返済を考える前に、何故現在の様な状況に陥ったのかを考える必要があります。
それは、せっかく借金を返済してしまっても、また同じように借金を繰り返してしまう人が多いからです。

借金には良い借金と悪い借金の二種類あるという事をあなたはご存知でしたか?

悪い借金

悪い借金?  悪い借金も何も、借金は良くない決まっているのではないか?
そう思われた人も多いかと思いますが、良い借金というものもあります。

簡単に言えば悪い借金というのは、消費のための借金です。

例えば、生活費が足りないので借金する。 これは考えれば簡単に分かる事だと思うのですが、生活費をやり繰り出来ないから借金をする訳ですが、借金をすれば借りた分にあわせて利息も払わなければなりません。

しかし、借りる前の状態で生活のやり繰りが出来ないのに、利息と合わせて返済する分を引いた残りでやり繰りできるのでしょうか?

もっと苦しい状態になるのは明らかです。

論外ですがギャンブルなどを借金でやる人がいますが、これはもうまともな状態ではなくなっているのでしょうね?  他にも電化製品やクルマなど。  使っているうちに(使わなくても)価値はどんどん下がります。

さらにクルマなどは税金、保険、燃料費、定期メンテナンス費用、修理代など掛かってきます。 人によっては駐車場を借りて駐車場代も掛かるようになるでしょう。  もちろん車検代も掛かります。

要するに、使っているうちに価値が無くなるものを借金して買うなと言う事です。
そして大抵それらのものは、買った瞬間から(中古になるので)大きく価値が下がります。

良い借金

では、良い借金とはどんなものでしょうか?
長く持っていても価値が下がらないか、下がったとしても利益をもたらすもの。

例えば、不動産などは建物部分は古くなれば価値は下がりますが、賃貸すれば利益をもたらします。
また商売を始めようとして、借金するなどの事業資金も良い借金です。
もっともこれらはきちんとした計画が前提ではありますが.

この様に、借金といっても積極的に利用すればプラスになるものと、絶対に借金するべきでないものの二種類があるという事を理解していただけたと思います。


自己破産は何度も出来ない!

いったい何故この様な事態に陥ってしまったのでしょうか?

物事には必ず原因があります。
借金の理由にも、病気や事故、怪我、失業など自分ではコントロール出来ない原因もあると思います。  では、それらは仕方がないのでしょうか?

非常に不幸な事には違いないと思います。 では、仕方がないのでしょうか?  例えば大きな借金を抱えてしまったために自己破産したとします。

自己破産はそうそう何度も出来る訳ではありません。 また同じような事が起きたらどうしますか?  また自己破産出来なかったら? 仕方ないから諦めますか?

誤解しないで下さい。 どんな物事には原因があるだから、何かしらあなたにも悪いところがある等といっている訳ではありません。(誰かが悪いというお話をしている訳ではありません)

確かにこの人は全く分かってないというか、なんとも思っていないというか、また繰り返すのだろうなという人も意外にいるようです。

また、人間全て自分で結果をコントロール出来るものではありません。
しかし、危機回避の努力はするべきだと思います。 

もしも今までの自分に問題があったのならばそれを直す。
何か突発的なトラブルに見舞われたのならば、少しでもその様な事態を回避できる方法が無いかを考えるということです。
消費者金融などから多額の借金を作って、やっとの思いで借金を整理した人達でも、結構な数の人達がまた借金してしまうのだそうです。

↑PAGE TOP 
copyright (C) 2008 はい!借金返済! All Rights reserved.